ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

東京都の植物園



東京都というと、緑が少ないイメージかもしれませんが、都内にも休日に楽しめる植物園があることを知っていますか?ここでは都会暮らしの疲れを癒してくれる、都内オススメのオアシスを紹介します。

東京都神代植物公園(調布市)

東京都神代植物公園(調布市)

調布市の代表的な観光スポットである神代植物公園は、戦後に神代緑地として公開されたあと、昭和36年に名称を神代植物園と改め、都内唯一の都立植物園として開園されました。その後昭和59年には大温室も作られ、当時では珍しい熱帯植物が集められ、一年を通して色彩豊かな花々を観賞できるようになりました。現在の神代植物公園では、約4800種類、10万本の樹木が植えられており、バラ園、ウメ園をはじめ、ピクニックにも最適な芝生広場やシンボルのひとつでもあるツツジの大群植などが見どころとなっています。また、春に行なわれるじんだいフェスタでは、梅や桜の名所として有名で、深大寺エリアに訪れた多くの観光客で賑わいを見せています。国内でも最大規模を誇る敷地に加え、歴史ある神代植物公園は、都外から訪れる観光客も多く、植物園ファンなら一度は行っておきたいスポットです。

交通案内
京王線調布駅より小田急バス吉祥寺駅行き「神代植物公園前」下車すぐ。

夢の島熱帯植物館(江東区)

夢の島熱帯植物館(江東区)

夢の島熱帯植物館は、昭和53年に開設された都立夢の島公園の施設内にある植物館です。夢の島公園は、ゴミの埋め立て処理場の跡地に整備され、運河と水路に囲まれた総面積43haの総合公園で、植物館の他にスポーツ施設やバーベキュー広場などが併設されています。植物館には、小笠原諸島の貴重な固有種を含む珍しい熱帯植物が集められており、巨大なガラス張りのドーム内は、まるで南国かのようなエキゾチックなムードで満たされています。また、大規模な温室の熱源や館内の冷暖房などに必要なエネルギーを、すべて隣接している新江東清掃工場から送られてくる高温水でまかなっています。都会のオアシスとしても人気の植物館にぜひ癒されに行ってみて下さい。

交通案内
地下鉄有楽町線・JR京葉線・りんかい線「新木場」下車後、徒歩15分。

東京都薬用植物園(小平市)

東京都薬用植物園(小平市)

東京都薬用植物園には、約1600種類の薬用植物や有用植物が植栽されており、東京ではここでしか見られないケシやアサなどの麻薬原料植物も研究栽培されています。麻薬原料植物が栽培されているエリアは柵と鉄線で厳重に囲まれており、少々物々しい雰囲気を醸し出している植物園には珍しいスポットです。この他にも有毒植物なども植栽されており、普段はなかなか見られない植物に出会える植物園としても有名です。

交通案内
西武拝島線東大和市駅下車後、徒歩2分。