ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

イギリス式庭園



庭園形式が作られていく歴史のなかで、ひとつの時代の終止符となったのがイギリス式庭園です。人為的なフランス式庭園と対比関係にあるイギリス式庭園は、自然風景を求める思想から生まれたもので、これは日本庭園と共通の様式と言えます。日本の植物園や公園でもイギリス式庭園は取り入れられています。

イギリス式庭園の歴史

17世紀後半にフランス式庭園が大流行し、イギリスでも多くの幾何学庭園が作られていました。しかし、18世紀に入ると、イギリスではすでにフランス式庭園に対するある種の嫌悪感が生まれ、次第に人工的な庭園への批判は広まっていきました。やがてこの嫌悪感がイギリス式庭園の様式となる風景庭園の誕生へと繋がっていきます。風景庭園の根源にあるものは、絵画や文学、哲学を通して自然を発見しようという態度です。クロード・ロランやサルヴァトール・ローザといった画家たちの描いたローマ的風景画が、当時のイギリス貴族の間で流行し、貴族たちはこの絵画の風景を現実風景にも求めるようになっていきました。また、並行して貴族の間でキツネ狩りが流行し、むき出しの草原や雑木林に触れる機会が増え、この体験も合わせて自然に対する新しい見方を発見していきました。そして、フランスやドイツなどでも哲学者たちが新ロマン主義を提唱し、人為的なものを排除する傾向にあったため、自然回帰を目指したイギリス式庭園は抵抗なく他国でも受け入れられていったのです。

イギリス式庭園の定番「ハハー」

イギリスを代表する名園を多く作り出したガーデンデザイナーのチャールズ・ブリッジマンは、フランス式庭園などの塀に囲まれた庭園を批判しました。庭園として美しく、そのうえ自然風景を見渡せる環境を作るにはどうしたらいいか考えた末に、「ハハー」と呼ばれる空堀を活用することを思いつきました。視界を遮らず庭園を見渡すことができ、自然風景との境目を消すことで、自分の庭が永遠と続いているかのような錯覚を起こします。「ハハー」という名前は、見えない境目にぶつかった時の驚いた感嘆詞が語源と言われています。

イギリスの名園「ストウ庭園」

バッキンガム州にあるストウ庭園は、イギリス式庭園のなかでも特別な存在として語られてきました。庭の持ち主であるテンプル家は、4世代に渡って代々風景庭園派の巨匠を招き、18世紀を通じてその庭園を改築、増築させました。そのためストウ庭園には、イギリス式庭園の発展の歴史と、それぞれの時代の特色が刻み込まれているのです。