ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

伝統や文化が息づく日本庭園



日本庭園は、人々の憩いの場としてだけでなく、古くから日本の伝統や文化を継承する場としての役割も担ってきました。自然と文化が融合して造り出す日本の庭の楽しみ方を紹介していきます。

日本庭園の歴史

日本庭園の歴史

日本においてもともと庭とは、朝廷や儀式を行う神聖な場所をさしたと言われています。これが発展し日本最古の庭園形式とされる枯山水庭園が造られるようになりました。枯山水庭園は、水を使用せず、石や砂で風景を表現する日本独自の庭園形式です。

そして平安後期、末法思想が生まれ、極楽浄土を思い描く修行の一環として浄土式庭園が造られます。浄土式庭園はその名の通り、極楽浄土、即ち「あの世」を再現した庭園方式で、代表的な庭園が世界文化遺産にも登録されている平等院庭園です。これ以降、平安~鎌倉時代にかけて、浄土式庭園と、貴族の住宅様式に合わせて造られた寝殿造り系庭園が各地に多く造られるようになりました。

鎌倉幕府以降、貴族から武家中心の社会に変わり、武家の住宅形式として書院造りが生まれたため、庭園も池のまわりに石組が施された書院造り系庭園が造られました。江戸時代に入り、豊臣秀吉が多くの城郭を造営し、城のなかに造られた茶室に至るまでの庭を露地と呼ぶようになりました。またこの露地と、書院造り系庭園の要素を取り入れた庭である回遊式庭園もこの時代に多く造られました。

その後、城のなかに造られた庭園は次第に発展していき、庭園建築として全国各地の城下町などに日本庭園を造らせました。この庭園のことを総称して大名庭園と呼んでいます。しかし明治維新以降、文明開化によってこの大名庭園の数多くは壊されてしまい、近代的な洋館と洋風庭園が造られていきます。その後のジャポニズムブームによって日本の伝統的庭園を復古していく運動がみられ、今日に至るまで和風庭園と洋風庭園がどちらも多く造られていくようになりました。

日本庭園の観賞ポイント

日本庭園の観賞ポイント

日本庭園のほとんどが自然風景式庭園という形式で造られており、この自然風景式庭園は人工的に整備された庭ではなく、より自然に造られた景観を楽しむための庭園となっています。

日本庭園に欠かせない「水」
夏場に涼をとるために設けられた池は、水を使わない枯山水庭園を除いた日本庭園に必ず作られています。また日本の自然風景式庭園を象徴するのが滝であり、日本庭園の見せ場となっています。池や滝は、日本庭園の中心的存在として最も重要な要素といえます。
あくまでも自然にこだわった「庭石」
加工を施さず、天然の岩石をそのまま使用し庭の要所に配置されているものを庭石と言います。これもまた自然風景式庭園に則ったもので、欧米では庭園に加工されていない天然石を使用する例はめったに見られません。自然が変化していく風情を楽しむために造られた日本庭園らしさを感じられるポイントとなっています。

日本三大名園

日本三大名園
兼六園(金沢県)
国の特別名勝に指定されている大名庭園。金沢城東南の防衛のために造営されたと言われています。
岡山後楽園(岡山県)
岡山城に造営された大名庭園。広さは東京ドームの約3倍もあり、15年もの歳月を費やして造られました。
水戸偕楽園(茨城県)
水戸城の西側の防御を固める目的で造られたと言われている大名庭園。園内には3000本、100種余りの梅が植えられており、梅の名所となっています。