ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園の構成「庭園」



多くの植物園は、自然の森や林を活かす形で整備されています。その中で植物をより効果的に見せるため、庭園や花壇などが整備されています。

庭園

庭園

植物園の見所にもなっているのが庭園です。その土地の地形をそのまま活かし、様々な植物を組み合わせて美しい景観を造り出しています。世界各国それぞれの国でできあがった伝統的な庭園スタイルがあります。日本庭園をはじめ、フランス式庭園、イタリア式庭園、イングリッシュガーデンといわれる自然風景を大切にしたイギリス式庭園など、その様式は多彩です。ヨーロッパの庭園スタイルは、花木や草花を植えたものが多く、庭園がそのまま見本園になっているケースがあります。

花壇

花壇

草花を美しく見せるために造られた花壇は、植物園の華ともいえます。一種類ずつの草花だけでなく、異なった種類の花色、葉色の組み合わせによって、美的効果を演出しています。さらに周辺の植え込みの景観に合うように、位置や形、配色まで工夫して花壇は造られています。いつも美しく見られるように年に数回、花壇に植えられた草花の植え替えが行なわれます。季節ごとに変わる花壇の表情を楽しむために、植物園に出かけるのもよいでしょう。

樹木見本園

樹木見本園

針葉樹の見本園や雑木の見本園、林業関係の植物園には用材となる有用樹木の見本園などもあります。こうした樹木見本園は、自然林とは違い、樹木が密生していない状態で人の手によって管理して育てられています。自然林と一体となって、植物園の外郭を形成しています。

花木見本園

花木見本園

樹木の中で特に美しい園芸植物を集めたのが花木見本園です。いろいろな花木の種類を集めたものや、ウメ、モモ、サクラ、ツバキ、フジ、ボタン、バラなど園芸品種を集めたものもあります。日本では江戸時代に園芸植物の改良が盛んに行なわれ発展した歴史があり、梅園や牡丹園などが花木見本園として、伝統的な日本庭園の手法で造られています。一方、ヨーロッパの庭園の手法で造られたバラ園は、植物園の中でも人気の花木見本園です。

ロックガーデン

ロックガーデン

高山植物などを育てるため、岩場を組み上げて高山に近い環境を造ったのがロックガーデンです。北地や山間地の植物園で、土地の気候風土を活かしたものが多く造られています。

湿生植物園

湿生植物園

ハナショウブやカキツバタ、オニバスなど、湿地性の植物が集められ、自然な環境の中で育てられているのが湿生植物園です。信州や東北地方の山間地、北海道などでは、ミズバショウがよく見られます。また、ハス、スイレンなど水生の園芸植物が、庭園の池で栽培されているものもあります。