ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

植物園の役割って何?



植物園には草花や樹木がたくさんあります。植物の数はもちろん、その種類も豊富です。しかし、それだけでは植物園とはいえません。では、植物園とはどのようなところなのでしょう?

日本植物園協会による植物園の定義によると「鑑賞を通じて植物に対する知識を高め、自然に親しむ心を養うために、主として多数の植物を収集・育成・保存し、併せて学術研究等に資する植物園をいう」とあります。社会教育の場として、憩いの場として…、植物園が果たす役割を紹介しましょう。

生きた植物を展示する

生きた植物を展示する

植物園は、植物を見せるのが大きな目的のひとつです。もともと植物が自生している場所を植物園にしたところもありますが、多くの植物園は様々な種類の植物を集めて、園内で栽培・育成、保存します。日本にない植物や、環境が異なる地域で生育している植物などを栽培、世界中の植物を生きた姿で展示します。もちろん、ただ漠然と見せるのではなく、美しく、楽しく、そして植物の種類や学名などが分かるように教育的配慮のもと植栽・展示しています。

植物の知識、楽しさを広げる

植物の知識、楽しさを広げる

植物園は、多くの人々に生きた植物に親しめる場と機会を提供することで、植物・園芸に関する知識・技術の普及、向上に努めています。例えば植物を通して、子供たちの健やかな発育や理科教育の啓発を行なったり、大人の生涯教育を目的とした体験学習や観察会、園芸教室をはじめとした多彩な教育プログラムなども実施しています。

植物の調査・研究を行なう

植物の調査・研究を行なう

植物の分類、植物資源の開発や栽培方法など、様々な植物の研究を行ない、植物に関する情報を広く提供しています。さらに標本や研究資料を保存して、生きた植物と併せて植物学の研究に活用するのも植物園の役割です。

自然とふれあえる憩い場所を提供

自然とふれあえる憩い場所を提供

都市開発による緑地の減少などにより、自然とふれあえる機会も少なくなっています。こうした時代だからこそ、時には日常の喧騒から逃れて、美しい草花を眺めたり、森林浴を楽しんだりしたいものです。植物園は、レクリエーションの場としても重要な役割があります。

植物多様性の保全にとりくむ

植物多様性の保全にとりくむ

日本の野生植物の4種に1種は絶滅の危機に直面しているといいます。また、こうした絶滅危惧種の約18%が植物園で保全されています。環境破壊などにより地球上の植物類が減少している危機的状況において、植物園は非常に重要な存在です。地球の豊かな環境と植物資源を次世代に残すために、植物園では絶滅の恐れがある植物の保全活動を行なっています。